リサイクルガーデン2020年11月の様子
2020年12月11日


リサイクルガーデンの11月の様子をご紹介します。

植物の様子です。

ガーデン全体が枯れた植物で覆われ、黄金色の景色になっていました。ガーデンの中央を囲むように、茶色や茶褐色に枯れたメマツヨイグサやエノコログサ、ヨモギなどのなかまが目立っていました。中央付近から北側にかけては、白い花を咲かせたヒメジョオンや、枯れて多数の種をつけたアサガオ、トゲのある果実をつけたコセンダングサなどのなかまが確認できました。コセンダングサのなかまのトゲは鋭く、作業ズボンの膝から下には、たくさんのトゲが刺さるようにくっついていました。衣服につくとなかなか取れない手強いトゲです。先月まで、緑色を保ち他の植物に覆いかぶさりながら生育範囲を拡げていたヤブガラシのなかまは、その勢いが終わりにさしかかったのでしょうか、葉の色が黄緑色に変色したものが確認できました。

全体的に枯れた植物が目立ち、荒れ地のように見えるガーデンではありますが、それらの根元には、新たに芽生え始めた植物も確認できました。黄色いつぼみをつけたカタバミ、アメリカフウロ、スズメノエンドウなどのなかまや、ハキダメギクのなかまは直径5ミリ程の小さな白い花を咲かせていました。

 

昆虫類の様子です。

南側の通路と、ガーデンの境の木枠に、テントウムシのなかまのサナギが確認できました。他にはハチのなかまが確認できました。

 

鳥類の様子です。

セキレイのなかまが確認できました。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報