リサイクルガーデン2020年8月の様子
2020年09月11日


リサイクルガーデンの8月の様子をご紹介します。

植物の様子です。

8月に入り梅雨が明けたとたん猛暑が続き、ガーデンのあちらこちらで多くの植物が枯れている様子を確認しました。

ガーデンの南側は、カラカラに乾いて枯れて茶褐色に変色してしまった植物や、緑を保ちながらも力尽き、ぐったりしな垂れた植物など、もともと何の植物かを判断しにくいほどひどく枯れ果てている状態です。そのうっそうとした枯草の塊は、まるでモンスターのような姿になっていました。

しかしながら、ガーデンの東側は南側と対照的に、ヨモギのなかまが緑濃く背丈を伸ばし、ヤブガラシのなかまが枯れたイネ科の植物の上を覆うように伸びながら通路にまで這い出し、緑のエリアを拡げています。

ガーデン中央付近にはルコウソウのなかまや、赤や紫色の蕾をつけているアサガオのなかまを確認できました。

エノコログサ(別名ネコジャラシ)のなかまもガーデンの所々で穂をつけ始めています。全体がやや大型で穂の先が垂れ下がるアキノエノコログサや、穂にびっしり生える毛が光を受けて黄金色に見えるキンエノコログサなどのなかまが、ふさふさと穂を風になびかせていました。

 

昆虫類の様子です。

アリのなかまやショウリョウバッタのなかまが確認できました。ショウリョウバッタのなかまは、一見、緑色の葉と見間違えてしまうほど上手に葉に擬態していました。

 

鳥類の様子です。

残念ながら今回の観察では、鳥類を確認する事はできませんでした。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報