ベジタブルガーデン2019年5月の様子
2019年06月20日

ベジタブルガーデンの5月の様子をご紹介します。  

新緑の香りがすがすがしい季節となりました。

5月に植えられたのは、サツマイモ、キュウリ、ミニキュウリ、ズッキーニ、バジル、アカジソ、ツルアリインゲン、ツルナシインゲンそしてカボチャです。今回植えたカボチャの苗は、屋上菜園のメンバーの一人が、スーパーで買った食用のカボチャの種(料理したときの廃棄物)を自宅で発芽させたものを使っています。カボチャはスーパーで売られているカボチャの種でもしっかり成長し収穫することができます。

キュウリ、ミニキュウリ、ツルアリインゲン、ツルナシインゲン、カボチャには支柱と紐の取り付けを行いました。今年はどのように成長するか楽しみです。

4月に植えられたジャガイモは瞬く間にぐんぐん成長し、次々と花を咲かせ、土からひょっこりかわいいジャガイモが顔を覗かせるようになりました。ジャガイモは、根ではなく地下にだけ伸びる茎が太ったものだそうです。ジャガイモはいろんなお料理につかえて良いですよね。

11月に植えられたキヌサヤとスナップエンドウは次々とさやをつけ、収穫に大わらわとなりました。キヌサヤはバター炒めにして、スナップエンドウは湯がいてサラダにするととてもおいしいです。

5月にかわいい花を咲かせたソラマメも茎がぐんぐん成長し、さやが次々とつきました。ソラマメは漢字で空豆と書きます。和名の由来は、さやが空に向かってつくためとのことです。5月下旬にはソラマメの収穫は終わり、新たに植えられる野菜のために生ごみ堆肥と黒土を入れて土づくりを行いました。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報