2017年11月の様子
2018年01月25日
リサイクルガーデン11月の様子をご紹介します。

全体の様子です。
 全体が茶褐色となり、ほとんどの草類が枯れたすがたとなってきました。

植物の様子です。
 エノコログサのなかま、アレチノギクのなかま、カラスノエンドウ、セイタカアワダチソウ、メヒシバ・オヒシバのなかま、ツユクサ、カワラナデシコなどが継続して確認できますが、ほとんどが枯れた状態です。シロツメクサは、青々としたすがたを見ることができます。

昆虫類の様子です。
 カマキリのなかまが確認されましたが、寒さのためか、あまり活発に動いてはいませんでした。

鳥類の様子です。
 スズメの群れが確認されました。

その他の生き物(爬虫類・両生類・ほ乳類)の様子です。
その他の生き物は確認されませんでした。

観察者のコメントです。
 冬に向かうリサイクルガーデンは少しさびしい雰囲気になっています。
 夏の間、勢いよく伸びていく青々とした草に覆われていた地面も、枯れた草類が倒れていくにしたがって、再び視認しやすくなってきました。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報