ベジタブルガーデン
2017年07月20日

武蔵野クリーンセンターの屋上には、生ごみ堆肥を使い野菜を育てるベジタブルガーデンがあります。



市内で「ごみ発生の少ない街」「きれいな街」をモットーに活動する市民団体「クリーンむさしのを推進する会」と「むさしのEサービス(武蔵野クリーンセンター運営会社)」が協働で、生ごみ堆肥を用いた野菜づくりを行っています。

現在、屋上での試験的な栽培をしております。6月11日のエコマルシェでは、ベジタブルガーデンで収穫したじゃがいもをふかしいもにして、試食会を行い、たいへん好評でした。

今は、ナス、トマト、キュウリ、サトイモなどを育てています。

今後は、本格的な野菜づくりを行い、野菜づくりのワークショップなどを開催する予定です。

今後の活動については、この観察日記でご報告します。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報