リサイクルガーデン2022年6月の様子
2022年07月09日

リサイクルガーデンの6月の様子をご紹介します。

 

植物の様子です。

6月とは思えない猛暑の影響で、ガーデン全体が枯れて茶色く変色したイネ科の植物に覆われてしまいました。先月は緑鮮やかに生い茂っていたイネ科の植物ですが、今は枯れて藁のようになってしまったものや、小穂が白っぽく変色してしまったものが倒れてしまい、それらが波打つようにうねった状態になっています。しかし、そのような状況でも、枯れたイネ科の植物の下には、ヨモギ・イヌトウバナ・ヤブガラシ・アサガオなどのなかまが、力強く生育範囲を拡げていることも確認できました。アサガオのなかまは、つるを伸ばして、色鮮やかな紫色の花を咲かせています。ガーデン内のあちらこちらに背丈が1mほどに伸びたヒメジョオンや、桃色の小さな花をらせん状につけたネジバナのなかまも確認できました。

 

昆虫類の様子です。 

ガーデンのあちらこちらで、緑色や茶色の大小様々なバッタが葉から葉へピョンピョンと飛び交っていました。ネジバナにとまっていたバッタは、茎の緑色と全く同じ色をしていたので、飛び跳ねるまでそこにバッタがいるとは全くわかりませんでした。自然界の昆虫は変身上手です。

 

鳥類の様子です。

カモを発見しました!!今年も屋上ガーデンにカモがやって来ました!!茂みにじっと身を潜めて周りの様子をうかがっています。撮影しようとそっと近づいたのですが、「フンッ、フンッ、フンッ!」と荒い鼻息で威嚇してきました。もしかしたら卵を温めているのかもしれないと思い、ストレスを与えないように離れた所から撮影させてもらいました。「カモさんありがと~」 無事にヒナが生まれますように!

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報