用語集

五十音から探す
排ガス量 (はいがすりょう)
ごみを焼却するときに、ごみピットから空気を入れ焼却して発生するガスを排ガスといいます。武蔵野クリーンセンターの焼却炉は、排ガス量が少なくなる運転を行える機構になっており、そのことにより排ガスとして排出される熱を最小限とすることができ、より廃熱利用の効果を促進し、ごみ発電効率を高めています。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報