用語集

五十音から探す
ごみ発電量 (ごみはつでんりょう)
ごみ発電は焼却炉の廃熱を利用してボイラで蒸気を発生させ、蒸気タービン発電機で発電させるもので、1時間当たりの発電量の最大は2650kwです。また、ごみ発電を補助するガス・コージェネレーション設備においても最大1500kwの発電を行います。さらに屋上には太陽光発電設備で最大10kwの発電を行います。この3つの装置の発電量は中央制御室の表示パネルで見れます。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報