イベント報告

イベント報告
夏休み子どもワークショップ開催レポート
実施期間:2019年08月06日 ~ 2019年08月09日
実施場所:武蔵野クリーンセンター 2階
登録日:2019年08月22日

201986日(火)から89日(金)まで夏休み子どもワークショップウィークを開催しました。

猛暑にも関わらず、4日間で延べ762名の方にお越しいただきました。

ご参加いただきましたみなさま、ご協力をいただきましたみなさまには、スタッフ一同、心からお礼を申し上げます。

 

わくわくプログラム
■ガイド付き見学ツアー
①工場見学
・武蔵野クリーンセンター2階見学者コースをガイド付きで回りながら、ごみ処理の仕組みを学ぶツアーを実施しました。8/68/94日間で計12回のツアーを行い、111名の方にご参加いただきました。
 

②屋上見学

・武蔵野クリーンセンター屋上のベジタブルガーデンをガイド付きで回りながら、生ごみ堆肥を使って無農薬で育てる野菜づくりを学ぶツアーを実施しました。8/9のみ1回の実施で6名の方にご参加いただきました。


■工作
①廃材工作

「どんぐりを使った人形」と「ボタンを使ったアクセサリー」

8/68/83日間で延べ239名の方にお楽しみいただきました。個性豊かなどんぐりの人形とアクセサリーができました。

 

「牛乳パックを利用した紙とんぼ」と「無限めくりで遊べるカライドサイクル」

8/9限定の工作でしたが92名の方にお楽しみいただきました。

 

②自由工作(廃材コーナーから、使いたい素材を収集し、自由に工作を楽しみます。)

8/68/94日間で延べ168名の方にお楽しみいただきました。

 

ワークショップ

①はちみつの収集体験 講師:養蜂家 金子裕輝

・講師に都市養蜂家の金子裕輝さんをお招きして、吉祥寺産はちみつの収穫体験とミツバチの生態や自然と共生する街づくりを学ぶワークショップを実施していただきました。参加した子どもたちは自分で収穫したはちみつを小瓶に詰めて持ち帰りました。

 

②赤い椅子の色塗り 講師:赤い椅子プロジェクト 建築家 加藤研介

・講師に赤い椅子プロジェクトの加藤研介さんをお招きして、使わなくなった思い入れのある椅子を赤い色にペイント&クリア塗装するワークショップを実施していただきました。ペイントした赤い椅子は、「赤い椅子プロジェクト」の一環として街の何処かに設置され、だれでも自由に座れる「ちょっとした休憩場所」になります。

 

③廃素材の糸を使ったバングルづくり 講師:ecoya 迫田明美

・講師にecoyaさんをお招きして、輪切りにしたペットボトルに好きな糸を巻きつけてバングルをつくるワークショップを実施していただきました。8/88/92日間で延べ82名の方にお楽しみいただき、たくさんの可愛らしいバングルができました。

 

④廃材を使った小物づくり 講師:アトリエパラム 吉野伸子

・講師にアトリエパラムさんをお招きして、「新聞紙とボタンを使ったブローチ」や「ハギレとボタンタグを使ったてるてる坊主」をつくるワークショップを実施していただきました。8/68/72日間で延べ64名の方にお楽しみいただきました。シックなブローチや個性豊かなてるてる坊主ができました。

 

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報