2018年5月の様子
2018年07月11日


5月は寒暖差がとても大きい月でした。
5
月は、スナップエンドウ、キヌサヤ、ノラボウナ、シュンギク、タマネギ、ソラマメ、レタス、キャベツ、ダンシャクイモ、アンデス、キュウリ、ジャガイモ、バジルが採れました。

 

 

採れたてのレタスはシャキシャキでとてもおいしかったです!

スナップエンドウ、キヌサヤ、ノラボウナは収穫が終わったので、新しくサトイモやトマトを植えました。

 

ツルアリインゲンのツルが伸びてきたので支柱を立てて誘引してあげました。
キャベツには虫に食われた跡があったので探してみると、中からコロコロと太った青虫がでてきました。

農薬を使っていないので虫たちにとっても最高の環境なのでしょうね!
今後も農薬は使わずに、生ごみ堆肥を活用して、安心な野菜づくりを続けていきたいと思います。

TOP

武蔵野市役所ホームページ   ごみの分別   放射性物質・空間放射線量に関する情報   廃棄物の処理及び清掃に関する維持管理情報